●2016年5月1/3

・20160507(土)
薬を飲むと咳き込む症状が軽くなるものの、ちょっと気を許すと、またかなり辛いヒューヒューが突発する。今回は長くしつこいようだ。原因はなんなのだろうか。咳き込む原因のひとつにはたばこによる痰があると思う。ので、原因のひとつを取り除いてみようと禁煙再開してみた。今日で3日目。げほんげほんヒューヒューがとても辛いので、割とそれが無くなればとの思いが強く三日坊主にならずに済んでいる。でも、薬が効いて調子が良いとついつい手が伸びそうになるが、せっかく3日目まで来たので、もっと遠くへ行けるようになりたい。前回は3年ほど前に、約9ヶ月ほど続いた。今回は、高校の時いっしょにかくれて吸っていたやつがなんと禁煙してしまった。昨年逢ったときには、やめられないんだよなーと煙を吐いていたのに。また、心筋梗塞で緊急入院した元サラリーマン時代の同僚も強制禁煙となった。いろんな意味で最終のタイミングなのだ。

・20160506(金)
朝。36.1度からのスタート。まずまず。しかし、咳き込み&ヒューヒューは納まっていない。電話で話すと小さな声でなければ咳き込んでしまうので、ぼそぼそと。かなり辛い。3件現場まわったところで、6年前にぜんそくの初診断をくだした呼吸器科へかけこむ。するとゴールデンウィークの中日なのか、3時間待ちと。一度、事務所に戻り、デスクワークして順番を待つ。体温は、37度を上廻る。順番待ちをネットで確認できるのがありがたい。結局2時間半ほどで順番がきた。ぜんそくだなと。インフルエンザもついでに見ておくかと。いやなんだよなーあの検査棒鼻の穴投入。でも、そこの先生はあっという間の早業で抜き取った。やはり、うまい下手はあるのだなーと。結果、AでもBでもなく、インフルエンザの疑いは無くなった。ぜんそくの薬を手に帰宅。禁煙2日目。

・20160505(木)
日中デスクワークで、ほとんどマックに向かっていた。夕方になり、車の窓を開けっ放しだったことに気がついて、閉めに外に出る。異様に肌寒さを感じて、体温計を脇に刺す。なんと、39.1度。どうりで、寒気がするわけだ。頭も痛かった。体温を知ると急に気が弱くなる。翌日は、3件現場をまわらなければならないので、早めに就寝。夜中に目が覚めて、体温を測ると37度を切っていた。なんとか朝には体温だけでも平常に戻ることに期待。禁煙1日目。

・20160504(水)
どうにも、咳がおさまらず時折ヒューヒューと息苦しくなる。風邪をひいたわけでもない。そういえば、6年ほど前に同じ症状が出て、呼吸器科を訪ねたことがあった。その時、ほぼ50年も生きてきて、はじめて「ぜんそくですね」と言われた。病気らしい病気をしたことがなく、至って健康そのものの体だったが、当時なにかが核変したのだろうか。また、今回も同じような感じ。6年ぶり。どこにトリガーがあるのか、気になるところ。禁煙再開を狙う。

・20160503(火)
葉山芸術祭の会期中、弊社のガレージで企画展示を行っていますと告知していましたが、諸事情により、展示は中止とさせてもらいました。そのかわり、この展示中止を知らずにふらっと来ていただいた方には、お土産を用意しました。ガレージのドアに、中止のご案内と同時に葉山で設計した住宅のマッピングを掲示しました。その中にQRコードを入れておきました。そのQRコードには、葉山町内で設計した9件の住宅の緯度経度が入っています。それを地図アプリに入れれば、そこにアクセスできます。

・20160502(月)
GWの中日の平日。心なしか、町中は静かな感じ。平常心で通常業務。朝一、現場をのぞいて、葉山小学校へ。先週工事したビオトープの外構工事の残工事補修工事をやっている。モルタルを園芸用手袋をしながら触っているので、終わったら水でよく洗うようにとアドバイス。もう指紋が無くなってしまってるかもしれないと。夕方、もと会社の先輩からメッセージ。ふらっと横須賀に来てるので、吞まないかと。いいですね。と返すと、目的の居酒屋がGW休みで閉まってた!と返信。逗子で再会することに。夜更けまで、話に花が咲く。彼は今年還暦。そろそろ、還暦祝いのパーティーを企画せねば。

・20160501(日)
今年も葉山芸術祭に参加しているが、会期中予定していた企画展示が思うように準備できない。昨年使った背景ぐっづが一式どこかにしまい込まれていて出てこないのだ。やむなく中止せざるを得ない。この情報を知らないままに、訪問いただいた方に手ぶらでお帰りいただくわけには行くまい。せっかく来ていただいたのだから、お土産を用意しよう。弊社が手がけた葉山町内の住宅のうちのいくつかをマッピングして掲示しておこう。敷地の外からだけの見学になるが、雰囲気は感じてもらえると思う。