台風で家がこわれたら?

Yahoo!japan 防災速報より

 

今日現在台風は発生していないようですが、先日の台風18号では日本各地に大きな爪痕を残したようです。被害に遭われた方々は大変なことだったと思います。ご苦労をお察しいたします。

 

さて、台風で家が壊れてしまったときはどのように対応するのか皆さんはご存じでしょうか。屋根が飛んだ、水害にあった、物が飛んできて外壁や窓ガラスが壊れた、などなどいろいろなことが起こります。その時に、火災保険に加入しているとその保険で台風被害の復旧費用をまかなえることがあります。台風被害で火災保険が使える?と思われる方も多いのではないでしょうか。最近では、火災保険の保険料を抑える目的で火災以外の被害については保険の対象外とする火災保険もあるようです。しかし、火災が起きることは台風被害に遭う可能性よりもかなり低いので、保険料を抑えたた火災保険よりも風水害も保険対象とした総合火災保険に入ることが備えとしては必要だと覚えておいてください。

 

私も、事務所兼自宅を建ててそろそろ20年を迎えようとしていますが、台風被害で2度ほど火災保険のお世話になったことがあります。1度目は台風で2階の窓庇が吹き飛ばされました。かなり強い風だったので、台風一過の翌日外に出ると窓庇が地面に落ちていました。それで、復旧の見積もりを取ると50万円弱でした。外部の被害は足場が必要になるので、免責額の20万円はすぐに超えてしまいます。雨樋が台風で飛んでしまっても、足場が必要になると、免責額を超えることが多いですので、火災保険で復旧することができます。

 

一方、台風の被害では火災保険が有効になる場合が多いですが、姉歯事件以降義務づけになった住宅瑕疵保険では保険対象にならないことが多いです。この住宅瑕疵保険は、10年間主に建物の不等沈下(傾き)と雨漏りが保証対象となります。よって、台風などの突発的な自然現象によって雨が漏ったなどの被害については免責になりとりあってくれません。あくまでも、施工の瑕疵(ミス)によって生じた雨漏りがその対象になります。ですので、台風被害では火災保険が頼りになります。とても心強い保険です。施工者さんも知らないことが多いので、台風で被害に遭ったらまずはすまいを造ってくれた施工者さんに火災保険はつかえますか?と相談してみましょう。もう、倒産してしまって誰にも相談できないという方は、私宛に相談いただいてもかまいません。火災保険の対象になるかどうか、対象になる場合の復旧費用はいくらになるかの相談はいつでも受け付けます。こんなケースはどうなんでしょうか?などなどお問い合わせ下さい。
佐山メール m.sayama@mac.com
 

台風で家が壊れたら、火災保険が使えるかもしれない。これは覚えておいてください。頼りになります。

 
 


Leave a Comment