異ジャンルデザイン〜お弁当 2019年5月

お弁当をデザインするようになると、ただ美味しいものを丁寧に詰めるだけで終了というわけにはいかなくなった。やはり、より美味しく食べてもらいたい。食べたい。朝に作って昼に食べる。その5~6時間その美味しさをキープさせたい。お弁当の本やサイトをぱらぱら。曲げわっぱという強力ツールがあることを知る。朝野良仕事に出かけるときに曲げわっぱ弁当を持って行く。昼までの間、炎天下にお弁当がさらされることもあるという。それでも、秋田杉でできた曲げわっぱだとお弁当も傷まず、美味しく食べることができると知った。すごいこと。そういえば、このサイトを始めた20年ほど前、サワラのおひつを友人に贈ったことを思い出した。ごはんを美味しく食べる昔からのツールだった。

・サワラという木(1999年3月8日の投稿)

これってすまいと同じだとあらためて考えさせられた。自然素材、天然素材でできたすまいは、調湿作用が自然に効いてとても過ごしやすい。ベイマツ合板、秋田杉で全部できている我が家は、エアコン知らず、加湿器除湿機もない。それでも 20年以上快適に暮らしている。曲げわっぱもそれと同じなんだなーと。お弁当制作という異ジャンルデザインをすることで、本業のデザインにもその精神がフィードバックされた。今一度、初心に帰って、自然素材を見直してみよう。最近、白の空間をデザインすることが多いが、やはりそこに住まう人のことを考えて、より一層健康的に暮らせる空間デザインを見直してみよう。

・23年完成時の我が家『葉山。木・風・猫の家 No.10』