■ USA2000走破 二日目2013.10.02メモ

▼2013.10.02 9:10

朝、テーブルにルームキーとチップを置きCascade Locks / Portland East KOAを出発。ポートランド市内に向かう。

20131002_01
 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 9:30

ハイウエイにあがる前にちょいと立ち寄る。橋桁にネイティブの絵。車で走っていると鉄橋がおもしろい。それぞれの時代のデザインがあり迫力がある。

20131002_02
 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 10:10

ハイウエイに乗り、左車線を調子よく10マイル超え(80マイル/h≒130km/h)で走っていると、右車線を走っている車が目の端に写った。一瞬『緑色?sheriff??!うわっ』と速度を落とし、右車線に移動し、後部につけた。白黒に赤いサイレンを積んだ車しかなじみがないが、瞬時に機転が利き事なきを得た。やれやれ。

20131002_03
 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 12:15

ポートランドは車よりも、ロードバイク、電車などのCo2排出が少ない乗り物を積極的に取り入れようとしているらしい。そうは聞いてきても、車は多かった。しかし、セグウエイで観光ツアーしている様子を見て、さすがポートランドだなと感心する。が、歩いた方がダイエットにいいかも。

20131002_04

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 12:17

1982年に建築されたポストモダン建築の代表作品。マイケル・グレイブスの設計。全体的な印象は、色と形でデザインされたためか、熟して良い感じとなってはいなかった。手入れをしっかりやっていかないと色と形のデザインだけでは、経年変化に耐えられないのだろう。やはり年月を経て熟すことによる良い味を出してくるのは自然素材に軍配が上がるか。

20131002_05

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 13:44

この夜は、太平洋沿岸部で宿泊する予定だったので、翌朝ちょいとサーモンかスチールヘッドに遊んでもらうことにしていた。羽田でデルタ航空の手荷物制限の枠に引っかかりロッドケースを一つ置いてきていた。加えてスーツケースに忍ばせておいたパックロッドの穂先が、今朝数投でポキリといってしまったためポートランド市内をでる前に新たなパックロッドを物色。まあ、上州屋のアメリカ版のような店に行く。驚いたのは、釣り用品の売り場の脇で、ライフルを売っていたこと。なにげに買っている人も居て、背筋がざわつく。

20131002_08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 13:55

ついでに正しくサーモン君とスチールヘッド君に遊んでもらうために「フィッシング・ライセンス」も購入。二日分で、31$。3000円強。そんなもんだろう。ライセンスを購入し、ガソリンを入れ、今日の宿泊地Waldportへ向けて出発する。

20131002_06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 18:00

州間高速道路5号線を南下し、コーバリスあたりで国道20号線を西に向かう。100km弱、森林地帯を走り、太平洋に出る。ニューポート・ジャズ・フェスでも有名なニューポート。スーパーで買い物をし、街を見ることも無く宿泊地に向かう。街を出て湾岸を走り出し大きな橋をわたるところで左側対岸の山肌に街がへばりつき、とても美しい街のようだ。時間があれば街をぐるっと一走りしたくなるが、暗くなりそうなのであきらめる。

20131002_11

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02 18:00

Waldport/Newport KOAに到着。今夜もポートランドで買ったステーキを食う。500gの一枚にしておく。
20131002_07
 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.02走行ルート

カスケードロックス〜ポートランド市内〜ウォルドポートKOA

走行距離:約193マイル(308.8Km)

20131002_10map

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10.01 + 10.02 二日間合計 253マイル(404.8km)