■ USA2000走破 四日目2013.10.04メモ

▼2013.10.04 (写真はグーグルマップから引用)

前夜22:00過ぎ、宿泊地サンノゼのモーテル6に到着。どのくらい走れるかわからなかったので、目標地点のモーテルを事前に日本でチェックしていった。目標地点の半径200Kmほどのめぼしいモーテルの住所を控えていったので迷うことなく第一チェックポイントに入ることができたのだ。

ネット環境はWiFiだけだったので、車を運転している間はもちろん、パーキングエリアや街の中ではかなり情報検索が限られる。GPS付きの車であればそれで検索できるが、時間を節約するためには事前チェックすることが肝要だ。

20131004_01

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 11:35

この日のちょいと観光は、アップル本社。いずれ宇宙船のような本社屋に建て替えられるそうだが、ファサードの改修中で養生シートに包まれていた。本社前にはアジア系の観光客が多かった。

20131004_03

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 11:47

本社内のアップルストア。部外者はここまでしか入ることができない。入ると5〜6人のチャイニーズが店員に向かって「iPhone5sはないのか!!」と騒いでいた。彼らはどこに行っても大声でお行儀が良くない印象。

レジ付近は日本のアップルストアとそれほど印象が違わないが、商品はアップルマーク入りアパレルが豊富で日本と違う。マック本体やハードが全く売っていない。観光客相手の商売といった感じ。

20131004_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131004_05

 

 

 

 

 

 

 

 

20131004_06

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 12:15

クパチーノ。アップル本社裏手の住宅街を歩く。ロサンゼルス市内の住宅街と違って、鉄格子がほとんどない。隣地との塀もなく安全な街であろうことがわかる。デザイン的には見るべきものはほとんどないが、道路の広さには驚く。ここに限ったことではないが、とにかく住宅街の道路は広い。国土が広いこともあるが、街全体は車優先で造られている。

20131004_07

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 12:42

増築の現場があったので、ちょっと覗いてみた。まあまあ、かたづけられていることからわかるように現場内部もそこそこの仕事をしていた。仮設トイレは日本と同じで何故か感心する。

20131004_08

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 10:53

アップル本社付近の住宅街散策を終え、ロサンゼルスへ向けてフリーウエイに乗る前に腹ごしらえ。ちょいと目の端にアジア系のスーパーマーケットが目に入る。その端にベトナム料理屋があった。気軽にランチがとれそうなので入る。客層はアジア系とその他で半々程度。フォーを注文。待っている間メニューを見ているとチャーハンもうまそうだったので追加注文。ウエイトレスに注文しようとすると「あんた、さっき頼んだでしょ!」と素っ気ない。いや「add!」というと渋々「OK」と。やる気のなさそうなベトナムおねーちゃんだった。

それでも、フォーとチャーハンはとても美味しく、アップル本社に行って付近で食事をする場合はおすすめできる。

Pho Minh

20131004_09

 

 

 

 

 

 

 

20131004_10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 13:30

Pho Minhが入っているスーパーマーケット。アジアの食材がほとんどそろっていた。赤いきつねから伊藤園のお〜いお茶まで。鮮魚も豊富だったが、マダイよりも黒鯛の方が値段が高かった。価値基準は日本と違うようだ。

20131004_11

 

 

 

 

 

 

 

20131004_12

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 15:47

サンノゼからロサンゼルスへ向けて国道101号線を南下。トイレ休憩でゴンザレス付近でフリーウエイを降りる。この手のコンボイが多く、日本のトラックと比較にならないスケールに圧倒される。

20131004_13

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 15:52

荒野の廃墟ストア。このような風景にもっと多く出会えるかと思いきや、ポートランドからロサンゼルス間ではあまりなかった。廃墟好き、工場好きの私としては少々残念。このたたずまいは旅愁をそそられる。

20131004_14

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 20:17

夕方国道101号線は一度海沿いに出た。PismoBeachという街。とある住宅街で夕陽が沈むのを確認し、ロサンゼルスに向かう。PismoBeachを出たところでいきなり山道になる。ガソリンメーターは半分ほどを指していた。ガソリンスタンドがあったら補給しようと思い始めたが、山道は終わる気配がない。全く人気の無い道は延々と続き、だんだん心細くなる。PismoBeachで補給すれば良かった。アメリカではガソリン残量が半分になったら補給は必須だ。100Kmくらい走っても街もガソリンスタンドも全く現れなかった。

20131004_15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガソリン残量10%を切ったあたりでやっとガソリンスタンドにたどり着く。アメリカのガソリンスタンドはほとんどセルフ給油だ。田舎の方では、クレジットカードを入れるとそのまま給油できたが、街に近いスタンドでは、クレジットカードを入れるとZIPコードを聞いてくる。ZIPコードって、郵便番号か?と思い店の人につたない会話で聞くもまったく会話が成立せず。あーだこーだしていると50$払えという。前金なんだろうと思い、払って給油して戻ってくるとおつりをくれた。

日本に戻って調べてみると、そのような場合、日本の郵便番号の頭に「00」を足して打ち込むとクレジットカードでセルフ給油できるとあった。やれやれ。調べていけば良かった。

それと、日本のセルフスタンドでは給油中ノズルは手で持っていて満タン近くなると自動でとまるシステムだが、アメリカでは様子が違った。初めて入れたとき、様子がわからずノズルを持ったまま、まだ満タンにならないのかなあと思いつつあしもとを見るとガソリンが大量にあふれていた。次のセルフ給油時に店員が教えてくれたのだが、ノズルの握るところにストッパーが付いていてそれを手動で操作し、自動給油し満タン近くになるとストッパーがきいて止まる仕組みなのだ。慣れればなんてこと無いが、日本と操作方法が違うので要注意だ。

しかし、1ガロンハイオクで91セント。すなわち、1$100円でざっくり計算すると、24円/Lだ。日本の1/6以下。5000ccのムスタングでがんがん走っても、ガソリン代はあまりかからないなと実感するわけだ。日本はガソリンが高すぎる。

20131004_16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 23:00

国道101号線をロサンゼルスに向けて70〜80マイル/時でひた走る。ロサンゼルスに近づくにつれ、片側2車線からどんどん車線が増えていき、片側4車線になる。この日の行程2/3を消化したあたりで、頭はランニングハイ状態。苦も無くハンドルを握るのが楽しくもなく。ゆきかうヘッドライトとテールライトを眺めているうちに、中島みゆきの曲を頭の中で口ずさんでいた。

語り継ぐ人もなく 吹きすさぶ風の中へ 紛れ散らばる星の名は 忘れられても ヘッドライト ・テールライト 旅はまだ終らない

20131004_17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 23:00

遅い晩飯。シーフードを狙った。少々高かったが、サンタモニカの味を試す。ここでも勉強。クレジットカード払いの場合チップも金額を書き込めばそれでOKとロサンゼルスの友人建築家から教えてもらっていた。よしよしとよく読まずに15%程度をチップとして書いた。しかし、戻ってレシートをよく見ると既に「included gratuity」と書かれていて手書きの15%を足すと30%もチップとして払ったことになるようだ。まあ、何事も体験しなくちゃ体得できないのだ。

20131004_18

 

 

 

 

 

 

 

20131004_19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2013.10.04 走行ルート

サンノゼ〜ロサンゼルス

走行距離:約382マイル(614Km)

20131004_20map

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10.01 + 10.02 + 10.03  + 10.04  四日間合計 1292マイル(2067km)

 

今回の旅で思ったことメモ。

結果として、四日間で2000Km以上走った。そのうえでの感想はアメリカはとてつもなくでかいということ。生活するとして日本と比べるとどちらが良いかは言うまでもないが、得体の知れない底なしの可能性を感じたのだ。これでは、アメリカを敵に回して戦うことは無謀というものだと体で感じた。

高校生の時にカルチャーショックを受けた雑誌ポパイのライフスタイルは今では強烈に感じることはなかった。しかし、空と地平に飲み込まれていくように続く気の遠くなるような一本道をひた走っているときは、アメリカンサイズのモーターホームやSUVが多く、サンフランシスコやロサンゼルスの街では、プリウスクラスの普通車が多く日本と変わらぬ風景だった。アメリカの田舎では日本サイズでは見られない悠々としたカーライフスタイルがあることを知った。そして、焦ってかっ飛ばしている車は私だけだったことも記憶に残ったのだ。